多動性障害 子供 特徴 5歳

多動性障害の5歳の子供の特徴とは

スポンサーリンク

多動性障害の5歳の子供の特徴とは、じっとしているのが苦手で落ち着きがない、物を失くしたり忘れたりすることが多い、かんしゃくを起こしやすい、気が散りやすくて注意力が散漫、静かにするのが苦手、理解してる指示をされても従おうとしない、話を最後まで聞かずに答えてしまうことが多い、順番が待てず割り込んでしまう、整理整頓ができない、気持ちの切り替えが難しい、などがあげられます。
多動性障害という名前の通り、多動性また衝動性が目立つ特徴です。
多動性障害の子供の特徴は3歳から5歳頃から現れます。
子供が5歳になって多動性、また衝動性が目立ち始めたら一度専門の医師に相談してみましょう。
多動性障害の子供は多動性また衝動性がある為、他の子供より怪我がしやすかったり、時には車に飛び出して行ってしまったり、危険も多いですしかんしゃくを起こしたり言うことをきかなかったりして気難しく思えたりしてコミュニケーション不足になりがちになってしまったりしますが、きちんとした接し方、注意することをふまえて対処していきましょう。

スポンサーリンク

上記で記した通り、多動性障害の子供には多動性障害ならではの接し方や注意すべきことがあります。
まず、言うことをきかなかったりそぐわない行動をした時は叱らずに放っておくのがいいです。
叱るとかんしゃくを起こしなぜ叱られているのか理解できませんが放っておくと、こんなことをしたらかまってもらえない、遊んでもらえない、と自然と理解していきそぐわない行動がへっていきます。
そして、そうして理解していった時にオーバーなくらいでもいいので沢山褒めていきましょう。
褒められると嬉しくなり、また良い行動、そぐわない行動の理解を高めます。
叱ってしまうとかんしゃくを起こし暴れて怪我をしたり、外なんかだと急に走って行き事故に巻き込まれたりするケースも少なくありません。
放っておくことのできない場合は、まず落ち着かせてゆっくりと言い聞かせることが大事です。
自分の躾や子育ての仕方が悪いのではないかと悩んでいるお父さん、お母さんは沢山いると思いますが親や子が悪いのではなくその子の障害や特徴にあった対処法を参考にしてみてください。

スポンサーリンク