ADHD 子供 習い事

ADHDの子供と習い事について

スポンサーリンク

ADHDを発症した子供に対しては、家族はもちろんですが教育現場や医療機関など本人と周りが協力して治療にあたる事が重要になります。
ADHDの子供が社会生活を送る為には、学校では教師が、治療には医師が、家庭では家族が連携を強化しておく事が何よりも重要なポイントになるとされています。
基本的にADHDの子供は注意力の欠陥や多動性障害など様々な事で悩んでいますので、それが積み重なって二次的な障害を発症したりするケースも報告されています。
また自尊心の低下なども見られますので、出来る限り周囲がサポートする事が求められます。
なお多くの場合はADHDの子供に習い事をさせる事は非常に困難だとされています。
注意力の欠陥や衝動的行動などが見られますので、それらの点を考慮すると習い事をさせる事は難しいとされています。
しかし中には環境が変わる事で気持ちが変わり、症状を個性ととらえることが可能になるほど改善されるケースもあります。

スポンサーリンク

ただし万人に共通ではありませんし、いくつかの注意点がありますので習い事をさせるかどうかは慎重な判断が要求されます。
まずは治療の進み具合が重要なポイントになります。
基本的に初期段階では個人個人の特性を見極めて、心理的治療をする事から始まります。
なのでその段階を過ぎて、薬物療法に入ってから本人の状態を考慮して判断する必要があります。
また習い事をさせる場合には、指導者の資質も重要になります。
学校などでは教師がその役を担っていますが、教師は子供の相手をする事が仕事なので現在ではADHDに対する研修なども行われています。
しかし学校から離れた場合には、指導者がどのような人物かを慎重に判断する事が求められます。
例えばサッカースクールや草野球チームなどのコーチは、ADHDに対する理解がない方が不通と言えます。
なので、その様な知識を持った指導者の情報を集めたりする事が子供に習い事をさせる上での最重要ポイントになると言えます。

スポンサーリンク