アスペルガー症候群 運転 苦手

アスペルガー症候群の人の運転の得意苦手は普通の人と同じ

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは自閉症の一種である発達障害のことを指す言葉で、自閉症とは精神発達障害のことを指します。
自閉症の症状は主に対人関係、言語発達、特定の状態や物への固執などがあり、これらの症状を持つ人をアスペルガーと呼ぶ場合があります。
アスペルガー症候群の方は大半の場合、人付き合いが苦手な傾向を示すことがあるため学校や職場などでは変わり者や浮いた存在と見られてしまうことがあります。
また、発言や行動によって悪気はないものの相手を中傷したり不快にさせてしまう、無自覚に迷惑をかけることがあります。
アスペルガー症候群の特徴を簡単にまとめると、人付き合いが苦手で趣味嗜好に偏りや特殊な点です。
この障害には運動能力や学習能力に対する影響はなく、仮に障害を持っていたとしてもスポーツ選手や学者になれることもあります。
その他に趣味に熱中する傾向があり、例えば車が好きな子が将来様々な車を運転できるようになった、1日に1回は必ず車を運転する、運転できない代わりにプラモデルの車をたくさん集めるようになったなどがあります。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の症状は幼い頃に表れることがあり、厄介な点として怪我や病気とは違い自分で自覚することはもちろん、親を含めた周りの人に気付かないことがあることです。
態度や言葉に問題があったとしてもその人の個性によるものと考えてしまうため、障害を持っていることを認識しづらい点にあります。
自分の子供が障害を持っていると知って悲しむ親が多いと思いますが、アスペルガー症候群は決して治らない病ではありません。
環境や訓練によって症状を軽度に抑えたり改善させることができるのです。
訓練とは日常における会話によるもので十分です。
仮に成人してしまっている場合でも、幼児期より難易度は上がるものの症状が改善する見込みがあるため諦めないでください。
ただし、無理矢理に治す行いはほぼ失敗することがあります。
症状を認識し理解することは大切ですが、相手が相当の苦手意識を持っていることを第一に考えて自然な流れで改善させていくようにすると良いです。

スポンサーリンク