アスペルガー 結婚 後悔

アスペルガーの結婚と後悔について

スポンサーリンク

アスペルガー症候群という発達障害がありますが、子供だけではなく大人でもこのような症状を持っている人がいます。
最近ではテレビや雑誌などで取り上げられることも多くなっていますが、やはり知的障害や言語障害がないということで、見た目は普通の人とあまり変わりがありません。
したがって恋愛関係になった相手がアスペルガー症候群であると、気づかれることが少なくなっています。
少し言動や様子がおかしいと感じても、それは性格が関係しているのではないかと考えてしまうからです。
付き合っているときには気がつかなかったこれらの様子が、実際に結婚をしたときにおかしいと感じることもあります。
ここには次のような原因が考えられています。
アスペルガー症候群の人は環境の変化に非常に敏感になっています。
したがって結婚をして今まで生活をしてきた環境が異なってしまうと、さまざまな症状が現れてくるのです。
具体的にはどのような症状が見られるのかというと、それは次のようなものです。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群の人は、結婚をした後に1人の時間を好むようになります。
また誕生日プレゼントなどの記念日がありません。
自分に興味を持っていないように感じることもあります。
それと同時に自分の感情をくみ取ってもらうこともありません。
一つのことに強いこだわりがあります。
病気やケガなどをしたときに側にいてくれることが少なくなっています。
とくに思い当たることがないのに、急に暴力的になることもあります。
テレビやゲームに集中しすぎるということもあります。
結婚をしているにもかかわらず、家族づきあいを避けるというような様子も見られます。
このような様子が見られるので後悔をしてしまうという人も多くなっています。
相手がアスペルガー症候群の場合は、新婚時代から1人の時間を好むようになるので、後悔をする人もいます。
耐えることができなくて後悔をしているという人は、最終的に離婚をするという選択肢もあります。
しかしまずはアスペルガー症候群の症状を改善させることが大切です。

スポンサーリンク