自閉症 知的障害 幼稚園

自閉症の知的障害と幼稚園について

スポンサーリンク

子供を育てているときには、さまざまな悩みが発生するようになっています。
そのなかで自閉症の子供を育てているという人もいます。
このような子供を持つ親は、通常の発達をしている親と比べてたくさんの悩みを抱えています。
それはある程度成長をして集団生活をするというときに悩みが発生することがあります。
自閉症とひと言で言いますが、これは発達障害のことになります。
中には知的障害がないという人もいますが、知的障害を併発しているという人もいます。
このような中で集団生活をさせるために幼稚園に入園させたいと考える親がいてもおかしいことではありません。
親にとって最初の子供への教育機関となっているのが幼稚園になります。
一貫した教育を受けさせようと考えている人がいたり保育園に入園させようと考えている人もいます。
通常の発達をしている人にとっては当たり前の悩みとなっていますが、これが自閉症の子供を持つとなると様子が異なってきます。

スポンサーリンク

実際に知的障害がある子供を入園させてもらえるのかどうかという心配がありますが、ここで大切なことは、自閉症の子供達の幼児教育はどのようになっているのかをしっかりと理解することになります。
各自治体で対応が異なっているので、事前に確認をしておくようにします。
そのなかで総合保育を行っているところがあります。
ここは保育園と幼稚園で普通の子供と一緒に保育を受けることができるようになっています。
この他に考えられるのは、専門機関での療育や保育を受ける方法があります。
ここでは自閉症の子供だけが通園をしています。
この他に特別支援学級などを設けているというような幼稚園もあります。
総合保育では、地域の中で育てることができるので、通園で問題が発生するということがありません。
専門機関での療育や保育に関しては、障害の程度やその子の状態に応じて専門的な教育を受けることができます。
このようにそれぞれメリットがあるので、自分の子供や環境にあった方を選ぶようにします。

スポンサーリンク