アスペルガー 軽度 特徴

軽度のアスペルガーの特徴について

スポンサーリンク

アスペルガー症候群という病気がありますが、自閉症などと同じように発達障害の一つとなっています。
しかし症状には軽度のものや重症のものに分けることができます。
そのなかでアスペルガー症候群の軽度の特徴としては、誰にも気がつかれることが少ないという点です。
社会生活ができないということではないので、一緒に働いていても気がつくことがないというのも珍しいことではありません。
軽度の場合どのような特徴があるのかというと、集団生活を苦手としています。
しかし学校や会社に通うことができないということではありません。
軽度のアスペルガー症候群では、空気を読むことができなかったり話が通じない、この他にはわがままと感じられる程度となっています。
この他に対人関係を上手にすることができないという特徴があります。
個性的な性格を持っていると感じられていることも多くなっています。
会話の中で深刻な話をしていても、笑いながら話してしまったり、一方的に話すというような症状が見られます。

スポンサーリンク

これらが空気が読めなかったり気がつかないという軽度の症状の特徴となっています。
上司の顔色が変わっても気がつかないことが多くなっています。
したがって周りの人の機嫌を損ねてしまうので、いじめられてしまう原因につながってしまいます。
この他にコミュニケーションが取りにくいということがあります。
軽度のアスペルガーの場合には、挨拶などをしてつきあいをすることはできます。
しかし他の人と感情を共有することが難しくなっています。
話が深いところに入ってくると、相手がほしがっている言葉を発することができません。
その結果相手の話を聞いていないと誤解されることもあります。
しかし経験を積んでいくことで、相手の会話に対してどのように返すのかという方法を覚えていくことで、返答をすることができるようになります。
アスペルガー症候群の人は急な変化に対応をすることができません。
したがって仕事の変更があったときには、話について行くことができないという傾向があります。

スポンサーリンク