妊娠 自閉症 いつわかる

いつわかる、妊娠中の発達障害・自閉症

スポンサーリンク

自閉症とは、発達障害の一種である広汎性発達障害に分類され、脳の構造または機能の異常だと言われているものです。
とはいっても、脳の異常であるということがなんとなく分かってきたところで、原因は未だ解明されていません。
遺伝の確率は低いのですが、家系で自閉症の方がいる場合は少し確率が上がると言われています。
症状がいつわかるのかというと、その時期は胎児の時点から三歳までとされ、言葉や認知能力に遅れが起き出ることで、ある特徴がみられるようになります。
それは、1.呼びかけに応じなかったり言葉への理解ができない等のコミュニケーションがうまくできない 2.目を合わせない・表情が変わらない等があり、対人関係を築くことができない 3.体を揺らす・同じものに興味を示し続ける等の反復的で強いこだわりがあるという点です。
生まれつき脳の機能に障害があるということは、受精から妊娠、出生までの間に何らかの異変が起こり、そこに原因があるという見方がされています。

スポンサーリンク

はっきりと解明されてはいないのですが、遺伝の確率が低いということもあるので、妊娠中などの赤ちゃんが置かれる環境が要因となって発達障害や自閉症になると考えられています。
赤ちゃんの置かれる環境にとって悪影響を及ぼすと言われているのが「活性酸素」です。
この活性酸素によって脳細胞が破壊されることで自閉症のリスクを負ってしまうという説があります。
活性酸素が増える原因はさまざまですが、中でも喫煙によるリスクは1.4倍とも言われています。
では、自閉症が検査によっていつわかるのかというと、兆候がみられる一歳半からとなります。
妊娠中の出生前検査でダウン症などの診断は行えるのですが、発達障害や自閉症に関しては脳の問題とされているので、この時期になってしまいます。
一番良いのはやはり、発症リスクを減らしていくことにあり、特に妊娠中の食事や生活習慣に気をつける必要があります。
もしかしたらと疑われる方やいつわかるのかと不安を抱くお母さんもいらっしゃることでしょう。
その場合は、赤ちゃんのためにも最寄りの小児科に検査でしてもらい、早期発見・早期治療に努めてください。

スポンサーリンク