自閉症 知的障害 将来

自閉症の知的障害の将来について

スポンサーリンク

自閉症を発症しているという人がいます。
小さな子供の場合には、周りにいる保護者などが温かく見守っていくことができますが、やはりこのときに気になるのが将来のことに関してです。
自閉症はアスペルガー症候群や高機能自閉症というような知的障害を持っていないというような人の割合が高くなったということで、全体的に知的障害を併発しているという人が少なくなっています。
そのなかには知的障害を伴うものもあります。
そこで気になるのがこの症状を併発している人の割合に関してです。
知的障害とはどのような症状となっているのかというと、知的機能の障害が18歳までという発達期に現れるものとなっています。
そのなかで日常生活に何らかの支障を発症しているので、特別な援助が必要であると考えられています。
また診断基準も設けられています。
それは知能検査の結果指数が70までのものとなっています。
日常生活能力に関しては、この能力の到達水準が、総合的に見て同じ年齢の水準と比べて判断されるようになっています。

スポンサーリンク

知的障害を持っているという自閉症の人も少なくありませんが、この時に関わり方としては本人にどれだけわかりやすいような生活を提供することができるのかということが大切になります。
障害を持っているという人は、通常の発達をしている人と比べると、将来に不安があります。
しかしどのような子供の場合でも将来に不安を感じることは決して間違いではありません。
子供の人生のすべてを支えてあげるというのは難しくなっています。
なぜこのような心配があるのかというと、生物学的年齢を見たときに、親の方が先に寿命が来てしまうからです。
したがって子供だけになったときの将来に不安を感じるという人が多くなっています。
しかし不安になりすぎないようにすることが大切です。
子供は障害があってもなくてもある程度は成長をすることができます。
そのなかで側で見守るだけでも大きな支えとなるので、しっかりとした責任を果たしていると考えることができます。

スポンサーリンク