自閉症 特徴 5歳児

自閉症の特徴は幼少期に表れ、5歳児でも改善できる

スポンサーリンク

自閉症とは精神発達障害のことを指す言葉で、その内容は主に対人関係、言語発達、特定の状態や物の固執などがあります。
簡単にまとめると人付き合いが苦手で変わった行動や話し方をする人と言うことになりますが、単純にそれだけではありません。
自閉症の症状を持つ人はその特徴に自分自身が気付かないことが多く、また親を含め周りの人も全く気付かないことがあります。
そのために行動や会話によって相手に誤解や不快感を与えてしまうことがあるのです。
学校で例えると本人にとって何気ない会話や行動が相手を酷く傷つけてしまい、最悪で孤独やイジメに発展する事態を招いてしまう恐れがあります。
その他の特徴としてこの障害は学習能力や運動能力には影響を与えない面があります。
つまり人との関わりに問題がある以外では普通の人と変わりないことになります。
障害を持っているとはいえ、そんな人でも将来スポーツマンや科学者になれる可能性があると言うことです。

スポンサーリンク

自閉症の特徴は幼いころに表れ、5歳児で例えると積極的に話をしたり行動の幅が広がるため知識がある人は症状に気が付く面が出てきます。
会話面では思ったことをすぐに口に出してしまうため、見たものに対して中には中傷的な発言をしてしまうことがあります。
他にも他人から聞かされた内緒話をせがまれたことを理由に教えてしまうことがあります。
行動面では活発に行動する5歳児と比べて1人で遊ぶことが多く、別の子供と遊ばないことがあります。
さらに興味を持ったことに対して驚異的な積極性を見せることがあります。
例えば物を積み重ねて高い塔を作る遊びに熱中すると、本でもペットボトルでも構わず積み重ねる台に使ってしまうなどがあります。
自閉症を持ったら将来治らないと考えてしまう方もいますが、実は環境や訓練次第で症状を軽減または改善させることができます。
5歳児くらいなら会話のやり取りを少し変えるだけでも訓練になります。
大切なのは無理に矯正させようとはせずに自然な会話や行動によって自然に変化させていくことです。

スポンサーリンク