自閉症 遺伝 親戚

自閉症は親や親戚からの遺伝によって発症することがある

スポンサーリンク

自閉症とは精神発達障害のことを指す言葉で、主に対人関係、言語発達、特定の状態や物の固執と言った症状があります。
しかしこの障害は学習能力や運動能力に影響を与えるものではないため、仮に障害を持っている人が周りにいたとしても気付かないことがあります。
また同じ理由で本人も自覚することが難しいために気付かないまま成長することもあります。
客観的では人付き合いが苦手で会話のやり取りが変わっているような印象を与えることはありますが、それが障害による影響だと気付かないことが多くあります。
自閉症の症状は幼いころから表れることがあり、もしも自分の子供が障害を持ってしまったとしても治らない病にかかったと心配する必要はありません。
この症状は環境や日常会話による訓練によって改善することができるのです。
青年期や成人している場合では幼少時よりも難易度が上がってしまいますが、症状を軽度に抑えることは十分に可能です。
他にも周りの人の理解によって精神的な負荷が減りより改善されることもあります。

スポンサーリンク

自閉症が発症してしまう原因については様々な意見があります。
中には遺伝によって親から受け継がれてしまったとの意見もあります。
仮に親が自閉症の症状を持っていたとしても子供に遺伝される確率は100%ではなく、あくまで可能性の範囲になります。
同じ理由で親戚に症状を持つ子がいたとしても自分に発症しない例もあります。
中には親も親戚も遺伝も関係なく、突然症状を持った子供が産まれる例もあるため発症する原因については特定に至っていないのが現状です。
その他にも2人の兄弟の1人に発症したが、親戚の兄弟では2人とも発症したなどの例もあります。
遺伝以外では妊娠時の状態や出産時の状態が影響を与えたとの意見や、家庭環境による原因で発症したとの意見もありますが、どれも確定的なものはなくこちらも可能性の範囲になっています。
まとめると全て可能性の域になりはっきりとした原因と呼べるものがありません。
しかし仮に発症してしまった場合でも、本人や周りの人の意識によって症状を軽度に抑えたり改善させることができます。

スポンサーリンク