自閉症 知的障害 将来

知的障害のある自閉症の子供の将来への不安

スポンサーリンク

自閉症とは広汎性発達障害の一つで、他人とコミュニケーションを上手く取れなかったり、物事に対して強いこだわりがあったり、様々なことをルーチンで行いたがるため突発的な出来事には対応できずパニックを起こしてしまう、等様々な症状があります。
言語障害を持っていることも多く、そのため知的障害を併発することも多いのが自閉症です。
知的障害があるとなると心配になるのがその子の将来のことでしょう。
多くの人が歩む道、学校に行って、就職して、結婚して子供を産んで家庭を作る、それが不可能なのでは無いかと心配する親御さんは少なく無いはずです。
親である自分が生きている内は自分が子供を世話し、養い、守っていくことができますが、高い確率で親が先に亡くなってしまうため、その後残される我が子が将来どうなってしまうのか、と心配するのは当然のことです。
もちろん自閉症を始め、何らかの障害を持つ人に対する自治体のサポートはあり、決して一人孤独になることはありません。

スポンサーリンク

そもそも自閉症と一言に言ってもその症状は様々で、障害の度合いも一人一人違います。
高機能自閉症と言って、知的障害を持たないか軽度の人もいます。
将来的にきちんと就職し、結婚し、子供を産んで家庭を築く人も少なくありません。
しかし、知的障害の度合いが重度であり、そうしたことが難しいという場合でも、そのような障害を持つ人が暮らすグループホームというものがあります。
そこで暮らしながら、簡単な軽作業をして少ないながらも収入を得て暮らすことができます。
決して親が亡くなった後、一人取り残されて孤独に生きて亡くなるようなことはありません。
中には障害が軽度でなくても訓練を受けることで、より普通の生活に近づいていける人もいます。
自閉症を始め、何らかの障害を持って生きていくということは、何もなく生きていく人と比べれば、しなくても良い苦労をすることが増えるでしょう。
しかし、障害を持ちながらもその人なりの生き方も出来るのです。

スポンサーリンク