自閉症 遺伝 いとこ

自閉症の症状は遺伝によっていとこの間で発症することがある

スポンサーリンク

自閉症とは精神発達障害のことを指す言葉になります。
この主な症状は対人関係、言語発達、特定の状態や物の固執があります。
自閉症の症状は早くて幼少時に表れることがありますが、仮に成人していた場合でも本人に障害の自覚がないことがあります。
怪我や病気と異なり目に見える症状ではないため、周りに障害を持っている人がいても全く気付かないことも珍しくありません。
自閉症を持つ人を客観的に表した場合、良くて人付き合いが苦手、悪くて変わり者の浮いた存在の印象を持つことがあります。
また、本人は症状はもちろん自身の発言や行動に悪気がないため問題に気付かず、学校などで孤立やイジメの状況を招いてしまう恐れがあります。
この障害は治らない病などではなく、訓練や環境によって症状を軽度に抑えたり改善させることができます。
訓練とは日常の会話で行うことができますが、無理矢理症状を改善させるのではなく、発言に対しては会話で伝え方を工夫することによって行動の訓練にもなります。

スポンサーリンク

自閉症が発症する原因については色々な意見があり、中には遺伝が関係していると考える人もいます。
実際に脳の発達障害としての見方が強いこともあるため、遺伝的な要素が強いと考える人もいます。
仮に親が症状を持っていた場合だとしても遺伝させる確率は100%ではないため、確率の問題になります。
同じ理由で親の兄弟全員が自閉症の症状を持っていたとしても産まれてくる子供は確実に遺伝される訳ではないため、いとこ同士でも症状を持つかどうかはまちまちになります。
いとこの子供に症状が表れる表れないも確率の問題になるのです。
同じように自分の子供も確率の問題になります。
中には親もいとこも遺伝も関係なしに症状を持った子供が産まれることもあります。
その場合は妊娠時の状態や出産時の状態が影響を与えたと言う意見や、家庭環境によって発症したという意見がありますが、それらの因果関係は現時点では不明です。
自閉症が遺伝によって発症する可能性があるものの、確率の問題になるため絶対ではないのが現状です。
いとこの子供が発症した場合でも自分の子供に発症しなかった場合や、その反対も可能性の一つとしてあるのです。

スポンサーリンク