自閉症 知的障害 割合

自閉症と知的障害の割合について

スポンサーリンク

高機能自閉症という障害があります。
あまり聞き慣れない言葉ですが、アスペルガー症候群の中でよく知られている知的障害がない症状のことになります。
このような症状を持っているという人は、次のような特徴があります。
それは自分が思っていることを上手に相手に伝えることができなかったり、この他には相手の立場に立って物事を考えることが苦手であるというような傾向があります。
したがって高機能自閉症の人は、対人関係でトラブルが発生することが多くなっていますまた一つのことに強いこだわりを持つ傾向があります。
また高機能自閉症の人は、はっきりとしない言葉の表現や言葉の含みを理解することができません。
これが知的障害が関係していると考えている人がいますが、決してそのようなことはありません。
特徴的な症状としては、他の人を避けて1人で遊ぶことが多くなっています。
コミュニケーション能力が不足しているので、言葉のキャッチボールをすることができません。

スポンサーリンク

一つのことにこだわりを持っているので、いつも使っているトイレが違ったり、枕が変わると眠ることができないというようになれない環境にとまどってしまうというようなこともあります。
このような特徴がある中で知的障害の割合は低くなっています。
このような症状を持っている人とか関わる時には、次のような注意点があります。
それは記憶力に優れている人が多く知的障害の割合が低くなっているということで、ほめるといつまでも記憶をしています。
したがってよいところを見つけたときには、ほめて能力を伸ばしてあげるようにします。
また言葉の言い回しを苦手としているので、単刀直入に伝えるようにします。
知的障害の割合が低くなっていますが、暗黙の了解といったような目に見えないような規則を理解することができません。
したがってやって欲しいことは明確化したり可視化できるものでなければいけません。
この障害を持っている人は正直な人が多いので、しっかりとコミュニケーションを取るように接します。

スポンサーリンク