アスペルガー症候群 結婚できない

アスペルガー症候群の人は結婚できないのか

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは、知能や体の発達に遅れはないものの、コミュニケーションをうまくとれない、悪意はないのに人を傷つけてしまう、空気が読めないといった対人関係をうまく築くことができない障害です。
知能に遅れがないため、大人になるまで障害に気づかないことも多く、対人関係がうまく築けないことに苦労しているものの原因がわからず悩んでいる人も多くいます。
相手の考えていることや言わずもがなのことを察するということが苦手なので、一見恋愛をするのは難しく、結婚できないのではと思う人もいるかもしれませんが、実際には結婚できないことはありません。
多くの人が結婚しています。
ですが、障害を知らずに結婚した場合、離婚率が高いという特徴もあります。
アスペルガー症候群の特徴である、思ったことをそのまま口に出してしまうという点や、規律はきちんと守るという点、知能は高い人が多いため勉強や仕事はできる人が多いという点などが、素直、まじめ、有能という良さに感じて惹かれるという人は少なくないのです。

スポンサーリンク

結婚前にはそういった良いところしか目に入らなかったものの、結婚してからアスペルガー症候群特有のコミュニケーションの難しさや、融通のきかなさにうんざりしてしまい、離婚してしまうことが多いです。
アスペルガー症候群の相手との結婚生活を続けるには、相手の特徴を把握することと、ルールを作ることが重要です。
アスペルガーの人は、言わずもがなのことを察することができません。
そのため、言わなくても察して手伝ってほしい、いたわってほしいというような思いを抱いていても伝わりません。
要望ははっきり伝えるのが原則です。
また、決められたルールや順序、秩序を乱されるのを非常に嫌います。
その人なりのルールを把握したら、なるべく乱さないようにするほうがお互いにストレスがありません。
ほかにも様々なポイントがありますが、こうした特徴を把握しておくと生活しやすくなります。
しかし、片方が過度にストレスを感じてしまう生活はお互いによくありません。
決して結婚できないわけではないですが、あまりにうまくいかないときは結婚自体を見直すことも考慮にいれるとよいでしょう。

スポンサーリンク