10ヶ月検診 自閉症 診断

10ヶ月検診での自閉症の診断について

スポンサーリンク

女性は妊娠をして子供が欲しいと願うことは決しておかしなことではありません。
そのなかで妊娠をして出産をしたときに毎日の変化が非常に楽しみに感じているという人がいます。
そのなかで市町村では検診が行われるようになっています。
1ヶ月検診や3ヶ月検診、この他には6ヶ月検診や10ヶ月検診が行われるようになっていますが、それぞれの検診では、今までの子供の成長を確認するような内容となっています。
ここでは子供の成長に遅れがないかを確認しています。
1ヶ月検診ではどのようなことが確認されているのかというと、原始反射チェックというものが行われています。
3ヶ月検診では股関節脱臼の確認が行われるようになっています。
6ヶ月検診では斜視の確認やおすわりができるか、この他にはものをつかむことができるかが確認されています。
この時期には成長に個人差があるので、できないという場合でも心配する必要はありません。
10ヶ月検診では、視力の確認が行われています。

スポンサーリンク

この他に10ヶ月検診では、呼びかけに対する反応や人の真似をするかどうかの確認も行われるようになっています。
つかまり立ちの確認も行われています。
10ヶ月検診の内容に関しても個人差があるので、それほど神経質になる必要はありません。
しかしここで問題になってくるのが視力の確認です。
呼びかけや人の真似をするかに関しても注意深く確認されるようになっています。
呼びかけの反応に関しては、とくに聴力に異常がないにもかかわらず振り向かないというときには問題がある可能性があります。
人の真似をしないというときにも何か問題がある可能性があります。
ここで考えられるのが自閉症になります。
自閉症の場合には言葉の発達が遅かったりその場の空気を理解することが難しいと診断されるようになっています。
したがってこの検診で自閉症と診断された場合には、できるだけや早い段階で専門的な療育を受ける必要があります。
診断後にこのような療育を受けることで、発育によい影響を与えることになります。

スポンサーリンク