自閉症 いつわかる

自閉症がいつわかるかについて

スポンサーリンク

自閉症の場合には、一般的に生後数年程度で何らかの兆候が現れてきます。
いつわかるかは実のところ個人差がありますが、平均すると約1年から3年前後で診断を受けるケースが多いです。
こういった兆候は、実のところ両親が把握しにくいことがあります。
親の場合には判断も主観的になりやすく、言動を客観的に見られないことが判断が遅れる一つの原因です。
従って、数年後の健診などの際に医師から自閉症の疑いがあることを告げられることがあります。
自閉症がいつわかるかによって、成長にも少なからず影響が現れてきます。
周囲が全く気付いていない場合には、本人の問題行動へのサポートも遅れがちです。
従って、時に様々な問題を招いてしまうことがあります。
早めに兆候に気づくことが出来れば、専門家のサポートを受けるなどの方法で集団生活に馴染めるような状態に導くことも可能です。
小学校入学前に何らかの手を打つことが、その後の学校生活をスムーズにするためのポイントになります。

スポンサーリンク

自閉症がいつわかるかは、本人の性格によっても変わってきます。
元々内向的だったり、何かに集中しやすい性質を持っている子の場合には、自閉症を疑われるような症状が日常生活の中でみられることも少なくないです。
子供の性格は千差万別であり、問題行動をする子がすべて自閉症であるとは言い切れない点にも判断の難しさがあります。
専門家に相談することである程度正確な情報が得られれば、親もじっくりと子供の行動を観察していくことが可能です。
このような障害がある場合には、明らかに普通の子とは異なる行動が見られます。
こういった行動があるか否かも、正確な見極めをする上では重要なポイントです。
性格の問題と思えないような逸脱した行動があるときには、一度専門の検査を受けておく方が良いと考えられます。
最近では脳の画像検査などを用いても、この障害の兆候を確認することが出来るため、専門外来を設ける医療機関に相談することも一つの方法です。

スポンサーリンク