自閉症 3歳 チェック

3歳の自閉症チェック

スポンサーリンク

自閉症とは生まれつき脳機能に異常が生じる事で発症する病であり、大きく分けて高機能自閉症と低機能自閉症の2つに分かれます。
この病には、人とのコミュニケーションが上手くとれない、同じ動作を何度も繰り返す、強い拘りや執着心、会話が噛み合わない等と言った非常に多くの症状があらわれます。
そして低機能自閉症の場合には、これらの症状に合わせて知的障害を伴います。
しかし高機能自閉症の場合には知的障害を伴わない為に病の発見が遅れたり、周囲から気付かれにくいと言った特徴を持ちます。
この病は保育園や小学校で集団生活を始める頃に周囲との関わりに支障があらわれる事で気付かれるケースが多く、乳児期に自閉症と良く似た症状があらわれたとしても診断を行う事は難しくなります。
しかし3歳頃になれば周囲とのコミュニケーションを行う機会が増え始め親が周囲との違いに気付き始めます。
強い拘りや執着心と言った症状から一つの物事に集中しだすと周囲が見えなくなる、何度も同じ事を繰り返す、会話が噛み合わない、場の空気が読めないと言った特徴があらわれ次第に集団生活から孤立してしまうケースが多いのです。

スポンサーリンク

3歳頃になり保育園で我が子は少し周囲と変わっていると異変を感じた場合には、一度症状をチェックしてみると良いでしょう。
3歳に見られる症状のチェックでは、会話が噛み合わない、同じ動作や言葉を何度も繰り返す、一つの物事に集中している際にやめさせようとするとパニックを引き起こす、目が中々合わない、好みの味や色、形の食材しか口にしない、1日のスケジュールが自身の中で決められており急な予定の変更に対応できない、多動の傾向がある、睡眠異常、音に非常に敏感である等です。
このチェック項目に当てはまる数が多ければ多い程この病である可能性が疑われますので専門医の元へ一度足を運んでみると良いでしょう。
この病は幼少期から療育を上手く行う事で日常生活に支障を与えない程度にまで症状を改善させる事が可能となります。
子供に異変を感じた場合には、こう言った病が関係している場合もありますので一度病院を受診し専門医の元で詳しい検査を行って貰う必要性が出てきます。

スポンサーリンク