一歳 1歳半 自閉症 チェック

一歳や1歳半の自閉症チェックについて

スポンサーリンク

自閉症という病気がありますが、これはある年齢の段階で、その可能性があるかどうかをチェックすることができるようになっています。
自閉症という病気を発症しているかどうかを知るためには、赤ちゃんの様子をしっかりと確認する必要があります。
一歳や1歳半というような小さな子供の場合には、チェックをして診断をすることで、早期に発見して少しでも改善をすることができる可能性が高まります。
一歳や1歳半の子供の成長が遅く、自閉症ではないかと悩んでいる人は、一度チェックをしてみるようにします。
一歳や1歳半という時期には、まだ上手に言葉を話すことができません。
自閉症に関しては、最近よく耳にするようになってきましたが、症状には個人差があります。
軽い場合もあれば重いという子供もいます。
しかし症状が軽い場合には、健常児とそれほど変わりがあるということはありません。
実際に診断をすることができる年齢というのは、3歳からとされています。

スポンサーリンク

ここではどのような症状が見られるようになっているのかというと、対人関係に障害が見られます。
このほかにはコミュニケーション能力が低くなっています。
また行動や興味が限定されたものとなっており、反復的な行動をするようになります。
これらの症状の中で1つでも当てはまるというものがあれば、その可能性が高くなります。
対人関係では、自分と相手との関係がよくわかっておらず、適切な行動を取ることができません。
周囲への関心が全くないというような様子もあります。
そこで自閉症の赤ちゃんには次のような3つのパターンがあります。
それはじっとしていることができずに、落ち着きがありません。
走り回ったり動き回ったりします。
一つのことに強く固執する傾向があります。
同じことを何度も繰り返したり習慣にこだわりがあります。
また意思の疎通をすることができません。
五感が敏感であったり鈍感であったりします。
一定の睡眠リズムを取ることができないので、睡眠不足のことが多いです。

スポンサーリンク