アスペルガー 夫 特徴

アスペルガー症候群の夫の特徴は、一般的な生活が営めます

スポンサーリンク

普段の生活ができていても、何故か話がうまくかみ合わない相手などが存在する事があります。
一般的な生活については営めるため、ある特定の疾患を発症している事に気付かないという場合もあるのです。
 夫がアスペルガー症候群の場合、特徴としては、普段の生活の中に様々な事柄であったり、トラブルになるというケースもあります。
特に一つの物事、自分の好きな事などには夢中になる傾向があるため、別の事を言われても対応ができないという場面なども見られます。
自分が好きなテレビ番組などを見ていて、こどもをお風呂に入れてほしいと頼んでも、全く反応がないという場合などです。
 一般的には、テレビを見る、妻からの言葉に言葉で反応するなど、2つの事を同時に行う事ができます。
アスペルガー症候群の夫の場合には、自分が今こうだからできる、できないなどの返事、状況説明ができないでいる場合が出てきます。
これは、日常生活のほんの一場面に過ぎませんが、言葉で説明せずに、言われた事に対してやや過剰な反応をするなどの逆パターンもあります。

スポンサーリンク

 アスペルガー症候群の夫の特徴としては、協調性に欠けるなども挙げられます。
会社での様子、人間関係に悩みを抱えて、家に帰っても気分が落ち込んでいるなどの場合もあります。
場の空気を読むという言葉がありますが、アスペルガー症候群を発症している人の特徴は、場の雰囲気や人の感情を読み取るのが苦手です。
チームで困っている状況であっても、周囲から見ると、自分は自分という立場を貫き、協調性が欠けている人と思われる事があります。
 そのため、自分が症状を発症していると気付かないまま社会人になって、人間関係を築くなどに苦手意識をもっている場合もあります。
家庭内においても、働く、食べる、こどもと遊ぶなど一般的な事はこなしていますが、話がかみ合わない、意味が通じていないというケースもあります。
妻や家族からしてみると、一種の個性と受け取られる事もあり、症状が見逃されたままになる場合もあります。
場合によっては、離婚を考える段階になって、アスペルガー症候群の疑いをもつ、病院で症状が判明する事などもあります。
 疑わしい部分があれば、専門的な病院や相談窓口などを利用する事もポイントになります。
ここから家族で一緒に考える、対処していくきっかけが掴める可能性もあります。

スポンサーリンク