アスペルガー 恋愛 執着

アスペルガーの恋愛に対する執着について

スポンサーリンク

アスペルガー症候群という発達障害がありますが、この障害を持っているという人は恋愛に対して執着心がある傾向に見られます。
最近では男女間の恋愛のトラブルが多くなっていますが、そのなかにはアスペルガー症候群の人が恋愛に対する執着心によって引き起こされたというような問題も含まれています。
この執着というものは、この障害を持っている人の大きな特徴となっています。
この他の特徴として想像力の不足があります。
しかしとくに面白い風景ではないものをずっと見ているというような様子も見られることがあります。
道路を走っている車をずっと見続けていたり、ノートに文字や同じような模様をずっと描き続けるというような様子が見られることもあります。
同じビデオのシーンを何度も繰り返し見たり、テレビゲームに熱中するというのもこの障害の特徴となっています。
このような物や人に対する執着が非常に強い傾向にあります。
これが恋愛に対しても見られるようになっているのです。

スポンサーリンク

アスペルガー症候群というのは、生まれて育ってきた環境が影響するというものではありません。
これは先天的な疾患となっています。
したがって小さい頃からの人間関係で苦労をしたことがある人が多くなっています。
大人になってから他の人に優しくされるということがありますが、これだけで相手に対して恋愛感情を抱いてしまうということもあります。
これは普通の人よりも強い感情となっています。
したがってこのような人に交際を申し込まれた場合、相手に対して行為がない場合にはしっかりと断ることが大切になります。
また優しい笑顔で断ると曖昧な態度となってしまうので誤解されてしまう傾向があります。
アスペルガー症候群の人は、周りの空気を読むことができません。
したがって曖昧な態度は誤解を生じさせてしまいます。
はっきりとした態度で断るというのが、自分のためだけではなく相手のためにもなります。
しかしアスペルガー症候群の人すべてが恋愛に執着しているということではありません。

スポンサーリンク