アスペルガー 恋愛感情

アスペルガーの恋愛感情は強弱が強いことがある

スポンサーリンク

アスペルガー症候群とは自閉症の一種である発達障害のことを指し、自閉症とは精神発達障害のことを指します。
この精神発達障害とは主に対人関係、言語発達、特定の状態や物の固執と言った症状があります。
この障害の最も厄介な点は本人はもちろん親や周りの人が症状に気付きにくい点になります。
自分に悪気はないものの相手にとっては不快や中傷的な発言をしてしまう、会話中に不自然な行動をしてしまうなどがあります。
人付き合いが苦手と言えば聞こえはいいですが、極端にまとめると発言や行動が特殊で変わった人の印象になります。
しかしこの障害は運動能力や学習能力に対する影響はないため、発言や行動以外は普通の人と同じで障害者だと思えないところがあります。
アスペルガーの症状は早くて幼少の頃に表れることがあります。
発見した場合でも治らない病ではなく、環境や訓練次第で症状を軽度または改善させることができます。
仮に成人後に気付いた場合でも、幼少時より難易度は上がりますが改善させることができます。

スポンサーリンク

対人関係や言語発達に問題があったとしても、アスペルガーの方でも普通の人と同じく恋愛をします。
しかし障害の特徴により恋愛感情も人によっては強弱が強く表れることがあります。
例えば相手のことを一途に思い過ぎるために強いアプローチを何度も行うことがあります。
恋愛感情が強すぎるあまり行動が度を超えてしまうなど、相手に迷惑をかけてしまうことがあります。
その反対に恋愛感情があるにもかかわらず相手の好意にうまく答えることができないことがあります。
相手からの行動や言動に戸惑い、好意を持っていてもギクシャクしてしまうことがあります。
その結果、相手とうまく付き合えないことにより別れてしまう経験をする恐れがあります。
中には何事もなくすんなりと恋愛がうまくいく場合もありますが、うまくいかない場合でも焦らずに相手との歩調を合わせることが大切になります。
お互いの気持ちを確かめ合い理解を深めつつ、バランスをうまく取るように接すると良いです。

スポンサーリンク