アスペルガー 目つき 特徴

アスペルガーの目つきの特徴について

スポンサーリンク

アスペルガー症候群という病気がありますが、この病気には体にさまざまな特徴狩ります。
そのなかで大きな特徴となっているのが目つきに関してです。
外見上はそれほど大きな違いがないと考えられていますが、目つきに特徴があるのです。
具体的にどのような目つきとなっているのかというと、アスペルガー症候群では、何もないところを見つめたり、ある特定の部分を凝視するという傾向があります。
これは独特の感性によって自分の道を切り開いたという人に関連する事柄となっており、集中力が過度になりすぎているということが関係しています。
普通の人の場合目があったというだけに感じる場合でも、アスペルガー症候群の人は違ったとらえ方をしています。
それは目を合わせることにストレスを感じるようになっています。
したがって目をそらされても嫌と感じないようにしっかりと寄り添って、理解をしてあげることが大切になります。
また自分の興味のある話の場合には積極的に会話の中に入ってきます。

スポンサーリンク

興味のある会話に関しては、積極的に話に入ってきますが、基本的に会話をするときには他の人の考えまでを理解することが難しくなっています。
したがって相手の考えをくみ取ることが難しいという特徴があります。
アスペルガー症候群の人は相手の会話に付いていくために一生懸命になりますが、話について行こうと必死になるので、相手の顔を見ているようでも瞳を動かすということがありません。
他の人と目を合わせないというのは、自閉症の人全体に見られることとなっています。
また相手の目を見て話さないことがありますが、これは自分に話しかけたり何かを要求して関わってくるという人の考えがわからないので、とまどうために目を合わせることができません。
すなわち逃避行為となっています。
これは大人によく見られる行動となっています。
アスペルガー症候群の人は目つきに特徴がありますが、一つのことに集中する力も優れています。
したがって興味のあることには寝食も忘れて没頭するという傾向があります。

スポンサーリンク