adhd 先延ばし 改善

adhdと先延ばし傾向の改善について

スポンサーリンク

adhdの特徴の一つに先延ばし傾向と呼ばれるものがあります。
これは一般的に言われている先延ばしとは違い、大きな問題に発展する可能性が高くなっています。
一般的な先延ばしの場合は自分の能力や現在の状況などを考慮した上で、優先順位が低いとされるものを後回しにする事を指しています。
しかしadhdにみられる先延ばし傾向は、根拠のない自信や面倒さが原因になっている事が多くなります。
例えば集中力が必要になる仕事や長時間かけて取り組むような仕事にその傾向が強く見られます。
後でやっても何とかなる、自分なら短時間でもできるなどと考える場合が多いので、後で大きな問題になることが多々見られます。
このような場合には、本人だけにしわ寄せがくることは少なくなると言えます。
特に会社などは複数人のグループで同じ仕事を行う事がありますので、本人の他にも同じグループの人間や周りの人に迷惑をかけてしまうと言うケースは多くなります。

スポンサーリンク

その様な問題を防ぐ為にはadhdの方本人の意識を改善する事が重要になります。
例えば本人は決まった期日までの仕事だったとしても、今じゃなくて良い、まだ大丈夫と考える事が多くなっています。
なので、期日ギリギリや期日を過ぎてから慌てる事が多くなります。
その結果として、大きな取引に失敗したり取引先から不信感を抱かれたりする事があります。
このような事態を避けるためには、本人の大丈夫と言う意識を改善する事が大きなポイントになります。
また、この場合には周りの人間がコントロールしていくことも重要になります。
例えば期日まで余裕のある段階で仕事の進捗状況を聞いたり、間に合わなそうなら急がせる必要があります。
ただし、無理やりやらせる事は逆効果になってしまう事があります。
なので本人の意識を改善する為にはadhdの方本人が、このままでは間に合わないと認識する事が重要になります。
したがって、期日までに間に合わない理由を明確に説明する事が必要になると言えます。

スポンサーリンク