ADHD 子供 5歳

子供(5歳)のADHDは周りの理解が重要で大切です

スポンサーリンク

ADHDという言葉を耳にしたことがある方は多いと思います。
最近はADHDに対する理解、研究が進んだ事もあり、子供の時に診断されるケースが多くなってきています。
また、子供の頃に診断されなくても、大人になってADHDだと診断されるケースもあります。
大人の場合、自分で気づくケースが多いようです。
子供で確定診断されるケースとしては、5歳という目安があります。
5歳以下の場合、その子の個性、性格、や発育段階からはっきりとした判断をしにくいからです。
集団行動ができるようになってくる5歳あたりから、人とは違った行動が顕著にみられやすくなるようです。
自分の子供がADHDかもと思ったら、医療機関の受診はモチロンですが、まずは通っている幼稚園、保育園の先生に相談することが大切です。
そして、その子に合った対応をしてもらうことで、二次障害がなく、成長することができますし、社会にでて仕事をすることが出来るようになります。

スポンサーリンク

大人のADHDに気づいた場合は、自分をより理解することができる良い機会ととらえることが大切です。
なんだか生活がしにくい、生きにくいな・・・という思いがADHDだと受け入れ、対処することでより生きやすく、生活しやすくなります。
まずは自分を認め、受け入れることが大切です。
大人の場合、子供とは違い周囲に打ち明けたり、理解を得るということは難しい場合があると思います。
打ち明けたことにより、周囲の態度が良い方に変わればいいのですが、そうでない場合の方が多いのが現状です。
しかし、そんな状況でも諦めず、自分を認め、生きやすいよう、自分の気持ちを大切にすることが重要となります。
万が一家族の理解までもが得られなかった場合は、医療機関やカウンセラーにとことん相談してください。
そしてアドバイスをうけてください。
専門家ですから、的確なアドバイスをうけられるはずです。
自分のこうしたいという思い、困っていること、どうすればいいかわからないことを言葉にして吐き出すだけでも全く違います。

スポンサーリンク