アスペルガー症候群 軽度 症状

アスペルガー症候群の軽度の症状について

スポンサーリンク

アスペルガー症候群という病気がありますが、これは症状によって軽度と判断されるものと重度と判断されるものがあります。
軽度と判断された場合には、日常生活を普通の人と同じように過ごすことができるようになっています。
そこで気になるのが、アスペルガー症候群の軽度の症状となります。
アスペルガー症候群というのは、脳の器質的な特性が関係している先天的な障害となっています。
軽度の場合は周りにあまり気がつかれるということがありません。
また本人もあまり自覚していないという特徴があります。
しかし生まれたときから何か症状があるというのが特徴となっています。
成長する中で大人になったからといって急に症状が現れるということがありません。
軽い症状の場合には、自閉症の人とそれほど変わりがありません。
この他に知的障害がないということで周りに気がついてもらえないことが多くなっています。
このような状況で集団で生活をするのが苦手と感じています。

スポンサーリンク

集団生活が苦手といっても、学校や職場に通うことができないということではありません。
そのなかで話が通じなかったり、空気を読むことができないというような状態が現れることがあります。
しかしこれらは性格の中の一つと考えている人もいるので、アスペルガー症候群と感じていない人が周りにたくさんいるというのが現状です。
具体的には軽度の人はどのような様子が見られるのかというと、わがままになる傾向があります。
これはイマジネーションの質的障害が関係しています。
物事の順序にこだわったり、融通が利かないというような性質があるので、臨機応変に仕事をすることができません。
その結果上司に怒られたりすることが多くなっています。
また感覚の特異性というような特徴もあります。
制服を着ることができなかったり、冷えたご飯を食べることができないなどの症状があります。
これは人間の五感が敏感になっているということが関係しています。
本人もつらいと感じているので、周りの理解が必要となります。

スポンサーリンク